hadashiA's blog

ブログがよくわからない

クソみたいな考え (前編)

 アザラシの生態について。
 アザラシは強くもなく弱くもなく、の水の流れに乗って、かなり楽な姿勢で右から左へ泳ぎます。いつも水玉のパ ジャマを着ています。気に入ってるから。パジャマの背中には、『善良な市民』という文字がプリントされています。楽しそうな顔して、少ない動きでうまく身体の重心を移動させ、両手で水をかくのです。このとき、行きたい方向を自在にコントロールしているように見えるけど、それはウソです。
「右に行っても左に行っても、どっちでも一緒でしょ?」
 と彼らは考えているから、生まれてこの方、自分で行きたい方向を決めたことなんて、本当はないんです。
 アザラシは左に行きたいのに、水の流れが右 だった場合、彼らはどうするのでしょう? ちょっと左に向かって水をかいてみるそぶりを見せるものの、すぐにあきらめて右へ行きます。
「おまえらそれでいいのか?」
 僕は、そんなアザラシを見て、「おまえらそれでいいのか?」と、ずっと思っていました。

 今回、僕は、人生の先輩としてここは1つ、アザラシたちに勉強させてやろう。と思いたち、説教をかますことに決めたのでした。

 水玉のパジャマを着たアザラシが、僕の前にずらりと並んでいます。外は日射しが強いので、アザラシたちは思い思いの帽子をかぶったり、風呂敷を頭に巻いたりして、おでこが乾かないように用心しています。
 事前にアザラシから連絡をもらったところでは、今日は全部で30匹のアザラシがここ、市民体育館に集合する予定だったのですが、時刻を少しまわった時点で、アザラシは17匹しかいませんでした。
「いったいどうなってるんだよ。残りの13匹はどうしちゃったんだよ」
  と、僕は尋ねました。
「あのね、来ようと思ったんだけど、水の流れが逆だった関係でダメだったんだよね」
 との案の定の返事。
 僕は別に、驚かなかったし、17匹も来てくれただけありがたいな、と思い直し、返事をしたアザラシに、ミルキーを1粒与えました。
「これは良いものパウね」と、アザラシに礼を言われました。
 この時点で僕は、今日、何の話をするつもりだったのか忘れてしまいました。