hadashiA's blog

ブログがよくわからない

 良い必殺技っていうのは、簡単に真似できそうな感じがしないといけない。
子どもの頃に見た必殺技に、「ライダーキック」というやつがある。これなんかは、ただライダーがキックをするだけ。「ライダーキック!」と、叫びながら、キック。このキックだけは特別なキックなんだって、強く信じて、キック。これだけ。誰だって、形だけは、真似ができた。
ライダーキックっていうのは、つまり、ライダーがただキックするだけなんだけど、めちゃめちゃ痛そう。どちらかというと、キックを繰り出している人よりも、キックを浴びせられた人のほうが、よほど特別なことをしていた。だって、怪人なんて、痛いとか痛くないとかの話じゃなくて、爆発しちゃうからね。あのとき僕はたしかに見た。テレビの中の、キックをされた怪人が、僕達子どもが見逃しちゃうくらいのほんの束の間、悲しそうな表情を浮かべ、次の瞬間、それをかき消すかのような、笑っちゃうくらいの、もう二度と彼は元には戻ってこれないんだなって、今日、一度だけ、この時間にしか出会えない怪人だったんだなって、わかってしまう、そんな、出会いと別れが入り混じったような、ため息がでるほどの、美しい爆発。それを見ながら、僕達は、「ああ、ライダーキックって、理屈とか抜きに、とにかくめちゃくちゃ強いんだな」と、理解する。これは、ライダーキックだけを見ても、なにもわからない。めちゃめちゃ痛がって爆発しきってくれる奴がいてこそ特別なものになる。キックそのものは、「ライダーキック!」て叫びながら、ただキックするだけ。そこが良いんだよな。誰だって、「ライダーキック!」て叫びながら、キックを出すことはできる。なんとなく、必殺技を繰り出したときの自分を想像できる。たとえ、爆発してくれる相手が目の前にいなかったとしても。
複雑すぎて、説明書を見ないと真似ができないような必殺技は、なんか憧れないし、記憶に残らない。誰だって、簡単に心の中で真似できる部分がないと。
真似できるけど真似できない。それが必殺技ってことっすわ。