悪い奴について

年末に夫婦で黒澤明の映画を観まくるパーティをしていたんですが、「悪い奴ほどよく眠る」を観てたら、これに出てくる悪い奴が、あまりにも悪い奴過ぎるもんだから、妻は寝込んでしまった。

寄せては返す、悪い奴の悪い奴っぷりが最高潮に達し、『終』の文字が画面にでる頃には、「うーんうーん」と唸っていた。

 

この映画に出てくるいちばん悪い奴は、画面には映らない。

一番出番が多いのは、『まあまあ悪い奴』である。まあまあ悪い奴が、黒い電話機で話している、その向こう側から、一番悪い奴の静かな声が聴こえてくるばかりなのである。

一番悪いやつが、地獄の底にいるのか宇宙空間にいるのか、常夏の島にいるのか、定かではない。画面にはとうとう映らない。ただ、電話が繋がるだけなのである。

悪い奴っていうのは度を越すと、目には見えなくなっちゃうもんなんだなあ。

 

この映画の主人公は、悪い奴らに戦いを挑むわけだけど、結局、彼は敗北してしまう。なぜか? こいつは自分で思っているほど悪い奴じゃないからである。本当は優しいのである。優しいから負けちゃう。

 

主人公は、べつに、対して悪くない癖に、自分のことを悪いやつだと勘違いしている。本当は、世の中の悲しいことについて、悲しんだり泣いたりする気持ちを、心のどかで捨てないで持っている癖に、悪い奴と同じ土俵で勝負しにいくから、負けちゃうのである。すきだらけである。

彼はいつもサングラスなんかかけていたけれど、微妙に似合っていない。本当は優しいことが、悪い奴にバレないように、隠してそうとしているだけだからである。

 

本当に強くて魅力的な人というのは、世の中が腐っていたとしても、その腐っている上にしっかり立って、あっけらかんとしている。

たとえ、寿命があと数日だったとしても、いつもどおりにお昼寝をしたり笑ったりしているものだ。

 

この世は腐っているって、そんなの当たり前なのに。おまえに言われなくたってわかりきっているのに、それなのに、腐っていることに思い悩んで、悲しんで、なんとかそれを変えたい、覆したい、みたいなことを考えていると、本当に大事なものを失なってしまったりする。

これは普遍的な物語のひとつなのかもしれないな。

 

人間にとって、この世を良くしたい、みたいなジャスティスな気持ちは、余計なものなのかもしれない。心のなかにジャスティスさを抱えたままだと、本当に誰よりも強くない限りダメである。

 

生きるか死ぬかのところで、「おれはめっちゃジャスティスやねん」みたいな、とるに足らないことに固執してる奴は、だいたい死んでしまう。

  

たとえば、永井豪先生のデビルマンも、どっちかっていうと「デビル」じゃなくて「マン」の方を大事にしているような奴だったために、最終的には何もできずに敗北してしまう。

しかし、「おれはめっちゃジャスティスやねん」ということに殉じて死んでいくことは、なぜか美しい。なぜか憧れる。

人は何故かデビルマンを見て「名作やなー」とか言う。不思議である。

 

しかし、僕も大人になったし、世の中が腐ってないという嘘に騙される歳でもないし、誰がどう見ても、辺り一面、腐りきっている中で、「あっはっは。むっちゃ生きるのっておもろいな」っていうかんじで笑ってる人間のほうに感動して泣いてしまう。